税金・確定申告

確定申告しないとどうなる?脱税したら逮捕されるぞ!

脱税をすると…どうなる!?

Uber Eats配達パートナーはバイトではなく、個人事業主の扱いとなるため確定申告が必要です。

もし無申告のまま脱税すると数年後、巨額の税金を支払う羽目になり、逮捕されてしまいますよ。。

この記事でわかること
  • Uber Eatsは税務署の獲物にされている!?
  • 脱税は逮捕されるくらいの重罪
  • 延滞税の恐ろしさについて

 

Uber Eatsは特に脱税がバレやすい理由

Uber Eatsは他の個人事業の人と比べて、何十倍も脱税がバレやすい環境にあります。

バレやすい最大の理由が、稼いだお金の入金経路です。

Uber Eatsの報酬は海外の銀行(ドイツ銀行)から送金され、各銀行口座に振り込まれます。

現時点ではドイツ銀行→Uber日本法人からの送金に変更されています。

ただUber Eatsは本社がアメリカにあるため、海外との取引があることは確かです。

仮に税務調査で銀行口座を調べられた場合、報酬が海外の銀行からとなるので、簡単な言い訳が通用しないこと。したがってUber Eatsの配達パートナーであることが一瞬でバレてしまいます…

税務調査とは

確定申告で内容が正しいかを税務署が調査をすること。

調査については「任意調査」と「強制調査」2種類ある。

調査する時期は明確には決まっていませんが、税務署の人事異動が終わる7月以降に調べることが多いらしい。※個人的な意見です

 

意外と多い「タレコミ発覚」とは?

脱税がバレるもう一つの要因として…

身内からの密告が多い!!

友人等から「〇〇がめちゃくちゃお金持ってるけど、もしかして脱税していないか?」

タレコミによる情報から税務署に目をつけられるケースも結構あるようです。

 

さらに、Uber EatsではTwitter等SNSを駆使して情報発信している配達パートナーも多いと思いますが、要注意!!

私みたいに売り上げの報告をしていたり、顔出しをしている人は、間違いなく危ないですよ~♪

確定申告必要な人・不要な人の違い【Uber Eats向け】大前提として、Uber Eats配達パートナーは個人事業主扱いとなるので確定申告は全員必要です。ただ副業など、働き方次第では不要な場合もありますので申告有無の違いについて解説します。...

 

 

確定申告をしないとどうなる?

では確定申告をせずにそのまま放置しておくとどうなるのか?

大前提として、確定申告は期限内の申告・納税が絶対条件です!!

 

一日遅れただけでも罰則がつき、下記のペナルティーが課せられます…

無申告加算税

期限内に申告がなかった場合に課税されるペナルティー。

本来納める税額に対して…

  • 〜50万円までなら+15%加算
  • 50万円以上になると+20%が加算

ただし税務調査を受ける前に、自主的に「期限後申告」をした場合は無申告加算税の割合が5%に軽減されます。

 

また以下の2つの条件を満たせば、無申告加算税自体の適用も回避できることも。

  1. 申告期限日の翌日〜1ヶ月以内に自主的に期限後申告をする
  2. 申告書を提出した日の前日から遡って、5年前までの期間において「無申告加算税」または「重加算税」を課せられなことがない+無申告加算税の不適用も受けたことがない

 

延滞税

期限までに税金を納付しなかった場合、延滞利息がついてしまいます。

これは納付が遅れれば遅れるほど、より重いペナルティーになってしまいますので要注意。。

延滞税の税率について

 納期限の翌日〜2か月以内は原則として年7.3%

 納期限の翌日から2か月を経過した場合は年14.6%

 

重加算税

意図的に申告をしないなど、悪質な所得隠しに対して課せられる税金。

無申告で、かつ悪質と税務署が判断された場合…

一般納税額+35・40%加算

 

青色申告特別控除減額

ペナルティーは罰金だけではありません。。

本来、青色申告をすると65万円の節税効果がありますが…

申告期限から一日でも遅れてしまうと、例え青色で申告しても、控除額が65万円→10万円までガタ落ちしてしまいます。

さらに2年連続で申告期限を遅れて提出すると、青色申告自体出来なくなります。

しかも2年間は青色申告の申請も不可で、白色申告一択になってしまいます。

白色申告になると…

控除額なしで税金高くなる

各種優遇制度が使えないなど…

金銭的な負担が大きく増えてしまうので、納付期限は厳守すること!

 

 

脱税すると逮捕されるぞ!

また故意に脱税をし、悪質と判断された場合は刑事罰に問われることがあります。

その際「脱税」「所得隠し」「申告漏れ」の3つの種類に分けられますが、それぞれ罰則内容が大きく異なります。

 

申告漏れとは

ある日の売上の書き忘れや計算ミスなどが原因。

意図的ではない(悪意がない)ことがポイント!

期限内に申告したものの本来納める税額より少なかった場合は「過少申告加算税」のペナルティーが課せられます。

配達パートナーを始めとした個人事業主が税金の支払いを怠った場合には「不納付加算税」も適用されます。

本来の納税金額よりも10%課税されてしまいます。

 

さらに全く税金を支払っていなかったり、確定申告自体を忘れていた場合は無申告課算税」として(1520%)追加で課税されます。

ただ税務署から指摘される前に申告・納付をした場合は5%に軽減されますので、本当に放置だけはやめておけ!!

 

所得隠しとは

所得隠しとは、故意に所得を減らした額で申請する行為。申告漏れよりも悪質です。

さいもん
さいもん
例えば売上が5,000円あったのに帳簿では4,000円と少なく記載することね。

当然これはアウト!!

所得隠しが認定された場合は申告漏れによるペナルティーに加えて「重加算税」が課せられます。

重加算税とは

意図的に申告をしないなど悪質な所得隠しに対して課せられる税金(ペナルティー)

無申告で、かつ悪質と税務署が判断した場合…

一般納税額+35〜40%加算した金額が請求される

より悪質性が高いため課税額も高くなってしまいます。

 

脱税とは

所得隠しと罰則の内容は変わりませんが、脱税は、隠している額が高額、しかも悪質と判断されると適応されます。

※高額と判断される明確な基準はありませんが、噂ではおおよそ1億円以上との声も??

【脱税した場合の罰則として…】

 5年以下の懲役

 500万円以下の罰金

またはその両方が課せられます。

格段に罰則が厳しくなってしまいます!!

脱税で怖いのがその年に脱税をすれば、即逮捕されるのではなく、数年間泳がせて延滞税の額を膨れあげてから捕まえることが多いです。

そうなると、バレたあとは一瞬で自己破産し、どん底になることでしょう。

そんな恐ろしい思いをしないためにも当たり前ではありますが、確定申告はめんどくさがらずにきっちりやりましょう!

 

仮に申告する必要がない人でも住民税の申告をする必要があるので忘れず手続きをしておきましょう!

住民税申告は全員忘れずに!確定申告との違いについて解説確定申告対象外で喜んでいるあなた!安心しているのも束の間で、住民税の申告も同時にやらないといけない可能性があります。。確定申告と似ている部分もあるので比較しながら解説します。...

 

 

まとめ

最近ではマイナンバー制度が導入されたことにより、個々の収入の把握が容易になっています。

以前は副業であったとしても確定申告を放置するとバレにくいと言われていましたが、状況は変化し、個人番号で一瞬で分かってしまいます。。

もし指摘されると、年も前まで戻って指摘→追加課税…

悪質な場合は刑事罰も受けてしまいます。

配達と並行して作業するのは大変ですが、Uber Eatsで所得(儲け)がある人は必ず確定申告をしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です