税金・確定申告

確定申告必要な人・不要な人の違い【Uber Eats向け】

大前提として、Uber Eatsは個人事業主扱いとなるので確定申告は全員必要です。

ただ副業など、働き方次第では不要な場合もありますので申告有無の違いについて解説します。

この記事でわかること
  • 専業は48万円以上 副業は20万円以上で申告義務発生!
  • 確定申告不要でも住民税の申告は絶対!
  • 申告することで税金が戻ってくるケースがある!

一般的に確定申告が必要な人

  • 個人事業・フリーランス
  • 給与収入が年間2000万円を超える
  • 副収入が20万円以上
  • 2カ所以上の会社から給与をもらっている
  • 一定額以上の公的年金
  • 不動産・株取引などその他の所得がある人

個人事業主(Uber Eatsも含む)

売上ー経費=所得が48万円を超える事業者

事業者とは、自分で店舗経営をしている人、また業務委託で仕事をしているも人も含まれます。

配達パートナーも雇用関係を結ばず個人事業として報酬を受け取っているため自営業者扱いとなります。

 

給与所得が年間2000万円を超える

役員レベルになりますが、本業で年収2000万円を超える人はサラリーマンであっても確定申告をしないといけません年末調整の対象外となるため

年末調整とは、確定申告の簡易版。

会社側が代行して確定申告手続きをしてくれる有り難い制度!

 

副業の所得が20万円を超える

Uber Eatsを副業として稼働しているかた。

去年1/1〜12/31の間で20万円の所得がある人は、会社員でも確定申告をする必要があります!!

所得とは、売上から経費(交通費など)を差し引いた額になります。

売上と所得を間違えないように注意!

 

2カ所以上の会社から給与をもらっている

Uber Eatsに限らず、複数の会社から給与をもらっている人!

正しい税額がわからないので、例え年末調整をしていても、給与所得を自分で計算して申告する必要があります。

ただし、メインで働いている会社以外の所得+退職所得以外の所得が20万以下なら不要

 

公的年金を受け取っている

公的年金受給額から生命保険や扶養などの所得控除を差し引いた額が余るようであれば確定申告の必要があります。

また公的年金の源泉徴収を行なっても、公的年金等の年間の収入額400万以上の人も対象です。

 

不動産収入や株取引で所得がある

土地や家など不動産の譲渡で利益を得た場合、自営業・フリーランスと同じく48万円以上所得があれば確定申告が必要です。

ただし!!

 自動的に源泉徴収が行われる源泉徴収口座で取引があった場合

 NISA口座での利益が120万円以下

↑上記のケースは申告不要↑

 

その他の所得がある場合

これらはレアケースになりますが、、

以下の場合に当てはまる人も確定申告が必要。

  • 110万以上の贈与を受けた
  • 空き家となっていた実家を売却した
  • 年途中で退職して再就職していない
確定申告しないとどうなる?脱税したら逮捕されるぞ!脱税をするとどうなるの?Uber Eats配達パートナーはバイトではなく、個人事業主の扱いとなるため確定申告が必要です。もし無申告のまま脱税すると数年後、巨額の税金を支払う羽目になり、逮捕されてしまいます。。この記事でわかることとして、Uber Eatsは税務署のターゲットにされている。脱税は逮捕されるくらいの重罪。延滞税の恐ろしさについて...

 

確定申告が不要な人

原則としてUber Eats配達パートナーは全員確定申告の対象となっていますが、

以下の場合には確定申告をする必要がないんです!

年末調整を受けていて、Uber Eats副業20万以下

ただし、住宅ローンを組んで1年目の場合は会社員でも確定申告の必要あり!!

基本的に副業年収が20万円以下の方は確定申告をする必要はありません。

しかし医療費控除・寄附金控除を受けたい人は確定申告が必要なので注意。

 

Uber Eats専業で働いて年間所得が38万以下

売上ー経費=所得38万円以下の場合は基礎控除により、所得が0円の扱いとなります。よって、確定申告は不要です。

ただしUber Eatsの報酬が38万円を超えていても、経費(交通費等)を差し引いた後の金額が38万円以下であれば確定申告をする必要はありません。

 

 

確定申告でお得になることも!

確定申告はしなくても良かった!

そんな人でも以下の状況に該当する場合は、税金を払い過ぎている可能性があります。

  • 一年間で10万円を超える医療費を払った
  • ローンでマイホームを購入した
  • ふるさと納税で自治体に2000円以上の寄付をした
  • 年度の途中で本業を退職し、年末調整を受けていない

上記に当てはまるかたはあえて確定申告をすることで所得税が還付(返金)される可能性があります。

払いすぎた税金が返ってくるチャンスなのでぜひ申告しましょう!

とりあえず確定申告をして損をすることはありません!!

Uber Eats配達パートナーこそやるべき!医療費控除とは?常に怪我や事後と隣り合わせの配達パートナーにとって、医療費控除はぜひ知っておくべき制度です。数万円安くなる場合があるので手続きを知ってお金を取り戻しましょう!...

 

パチンコなどギャンブル・宝くじも確定申告必要!?

配達員の中には空いた時間に競馬やパチンコなどのギャンブルや宝くじを買う人もいると思いますが、ギャンブルで得た収入は『一時所得』に分類されます。

 

一時所得の場合…利益が50万円以上になると確定申告をする必要があるんです。

一方、宝くじ(toto・スクラッチなど)は『非課税所得』になるため、1億円が当たったとしても税金を支払う必要はありません!!

 

まとめると…

 ギャンブル(競馬・パチンコ)=確定申告が必要

 宝くじ=確定申告不要

意外と知らない!ギャンブルも確定申告は必要です配達の空き時間にギャンブルをする方もいると思いますが、場合によっては確定申告をする必要がありますよ!...

 

確定申告不要でも住民税の申告忘れに注意!

しゃ!確定申告の対象じゃなかったし、これで気兼ねなくウバ活出来るぞ!!と考えているあなた。

それも束の間…忘れがちなのが『住民税の申告

住民税とは、地方自治体による行政サービスの資金のために徴する税金。

前提として、確定申告・年末調整を既に受けた人は別途申告する必要はありません。

住民税申告の対象については各自治体によって基準が異なりますので、お住まいの市町村のホームページでチェックしておきましょう。

住民税申告は全員忘れずに!確定申告との違いについて解説確定申告対象外で喜んでいるあなた!安心しているのも束の間で、住民税の申告も同時にやらないといけない可能性があります。。確定申告と似ている部分もあるので比較しながら解説します。...

 

まとめ

確定申告の必要な人、不必要な人については所得金額や年末調整の有無が大きく関わっています。

例え確定申告が不要な場合でも、税金を支払い過ぎている可能性があり、あえて申告することでお金を取り戻せるケースもあります。

確定申告をして損をすることは一切ありませんので、Uber Eats配達をしている人はとりあえず申告をしておくのが無難でしょう!

 

うっかり脱税を防ぐためにもね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です