初心者向け

Uber Eats(ウーバーイーツ)銀行口座の登録・変更方法

Uber Eatsで配達した報酬は原則として「銀行振込」での支払いとなります。

口座登録の手続きが少し複雑になっているので、一から順番に解説します。

この記事でわかること

口座登録に必要なものがわかる

口座登録による注意点がわかる

エラー時の対処法がわかる

口座の変更についても同じ手順となっています。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)銀行口座登録・変更に必要なもの

口座登録に際して最低限用意しておくものをご紹介します。

 

海外送金に対応した銀行口座

Uber Eatsの報酬については海外の銀行より振込が行われるため、海外送金に対応した金融機関での登録が必須となります。

【追記】

※2020年10月現在は”UBER EATS JAPAN”より送金されています。

三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの大手メガバンクは対応している所が多いものの、ゆうちょ銀行・ネット銀行(ソニー銀行などは除く)は一部銀行は登録することができません。

 

Uber Eatsでおすすめの銀行は…

  1. 三菱UFJ銀行
  2. 三井住友銀行 

両者ともにトラブルもなく評判が良いですが、三菱UFJ銀行のほうは海外に強い東京銀行を吸収しているので、よりスムーズに入金されるのでおすすめです。

Uber Eats配達パートナーおすすめの銀行2選【登録できる口座一覧】Uber Eatsで稼いだ給料は海外から振込まれるので登録できる銀行が限られます。振込先の指定はないので、ここではウーバーで登録できる銀行、おすすめの金融機関について紹介します!...

 

本人名義のキャッシュカードまたは通帳

SMBCデビット(2種類の非接触決済が付帯した三井住友銀行のデビットカード) | クレジットカード&電子マネー情報【現金いらず.com】

口座番号・支店番号・口座の種類を入力する際に必要となります。

必ずUberアカウントで作成した名前と同じ名義であることが条件です。

未成年の場合、親の名義のままになっていることもあるので名義変更等の事前手続きを済ませておきましょう。

 

パソコン(※あれば)

銀行口座の登録・変更については、スマホの配達パートナーアプリ(Uber driver)からでも”一応”可能です。

しかしアプリのシステムが脆弱すぎて、既存の金融機関を入力しても、なぜか認証されないブラウザから登録するため使用します。※スマホ版ブラウザも可能

 

 

銀行口座の登録・変更の手順

変更の際の手順も以下の通りにすればOKです。

登録しなくても配達を始めることは可能です。

※ただし登録しない限り支払い時期になっても振りこまれない

 

ブラウザからログイン

銀行口座の変更・登録は配達パートナーアプリ(Uber driver)でも出来ますが、バグでエラーになります。

ここではブラウザ版から設定する方法で解説しますので、Uberのドライバー用ページよりログインしてください。

 

銀行口座情報→編集または追加をタップ

銀行口座の詳細な情報を全部入力 

口座名義人の氏名の入力方法

日本とは違い、名前→苗字の順番で入力。

※必ず大文字半角のローマ字で!

 

受取人の氏名の入力方法

半角のカタカナで入力!!!

※Uberアカウントで登録した名前と同名義で!

 

住所の入力方法

必ず銀行口座に登録されいている住所を入力しましょう。

住所入力については最難関ポイントです。

すべて英語ローマ字で入力しないといけません…

表記の仕方も日本と違い…

番地・建物名・部屋番号→町名→区名→市名

逆から入力といけないので非常にややこしいです。

〇〇市や〇〇区も、〇〇-city・〇〇-kuとローマ字入力しないといけません。

住所「新宿区西新宿1-2-3 ウバマンションタワー5001号室」の場合…

→「1-2-3-5001,Nishi Shinjuku,Shinjuku-ku

と表記します。

さいもん
さいもん
ビル名・マンション名は省略してもOK!

入力が難しくパニックになる場合はGoogleの翻訳検索を使えば一瞬なのでぜひ!

 

金融機関名の入力方法

対応している銀行名を入力すると自動的にドロップダウンメニューに銀行名が表示されます。

銀行名を入力しているのにドロップダウンメニューに表示されない場合は、入金に対応していないため登録できません。

 

支店コード・銀行口座番号・口座の種類の入力方法

口座開設時に登録した支店コード・銀行口座番号・口座の種類を入力します。

 

金融機関コードの入力方法

金融機関コードとは銀行ごとに振り分けられている4ケタの番号です。

Google等で「(金融機関名)・コード」と検索すればすぐに出てきます。

三井住友銀行は「0009」

三菱UFJ銀行は「0005」

以上が銀行口座の登録・変更の方法についてでした。

さいもん
さいもん
反映が3日前後かかる場合があるので余裕を持って登録せよ!

 

 

口座登録・変更時のあるある4選

登録可能の銀行でもエラーが出る

よくあるケースとしては記載通りにローマ字で入力してしまうと認証されません。アプリのバグなのか?原因は不明です。。

必ず日本語で入力し、候補に表示される金融機関を設定しましょう!

【金融機関がありません】Uber Eats銀行登録できない原因・解決方法対応している銀行で口座登録してもなぜか金融機関名でエラーが出る… 実は名前の表記を英語にしても、正式名称にしてもエラーになる人が非常に多いです。 ここではエラーが出る2つの原因と2つの解決方法を解説します。...

 

ネット銀行で登録したい

基本的にはゆうちょ銀行とネット銀行は登録ができません。

(ソニー銀行など一部ネット銀行を除く)

例え、登録できる銀行でも海外から送金されるため手続きが面倒なところも中にはあります。

面倒な銀行リスト

  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 新生銀行 (マイナンバー登録必要)

特に「みずほ銀行」と「りそな銀行」は危険!!

入金の度に電話確認が来て確認が取れないと振り込まれない手間のかかりよう。。

Uber側も避けろと言われるアドバイスされる始末(笑)

 

手数料が一番安い銀行は?

海外送金となると金融機関によって、1回の送金手数料が1,000円前後違う所もありますが、安心してください!

どの銀行口座を登録しようが、Uber Eatsでの配達報酬については送金手数料が無料!!

会社側が負担してくれるのは有難いです♪

 

Uber Eatsや銀行から電話・通知書は来るの?

Uber Eatsから通知書が届くことはありません!

電話に関しても特別問題がなければ会社側から連絡がくることもまずありません。

銀行に関しては各社異なります。

「三菱UFJ銀行」の場合は、初めて報酬が入った際に海外送金があった旨のお知らせ書が郵送で届きますが、初回以降はUber Eatsに関する書類は届きません。

先ほども言いましたが「みずほ銀行」は管理が厳しく、頻繁に確認書が来るので要注意!

 

 

登録できない時はすぐサポートへ!

ここまで銀行口座の登録や変更におけるポイントを解説しましたが…

どうしても先に進めず困った場合はサポートに連絡しましょう。

登録や変更が出来ないと、どんどん報酬の支払いが遅れてしまいますからね。

Uber Eatsにはパートナーセンターと呼ばれる事務所がありますので、すぐ修正してくれます。

【重要】

パートナーセンターは新型コロナウイルスの影響で無期限で休業しています。

現在サポートは完全オンライン対応となっております。再開時期は未定です。

※2020年10月16日時点

 

 

お近くに事務所がない場合はオンライン上でのサポートも出来ますので困ったときは活用してみてください!

 

さいもん
さいもん
現時点は電話サポートもできないので急ぎの内容はDMを!

ただ営業時間が限られていますので、なるべく急ぎで解決したいかたは当ブログ運営者のTwitterのダイレクトメッセージで相談いただければ早く解決いたしますのでぜひ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です