初心者向け

【ネット完結】ウーバーイーツ配達員登録から配達までの手順3ステップ

Uber Eats配達パートナーに登録するためのアカウント作成から配達を開始するまでの流れを解説します。

2022年現在はオンラインで登録作業が完結されるので、誰でも気軽に始められます!

 

Uber Eatsで配達できるエリアについて

Uber Eatsは2021年末までに全国すべての主要エリアにてサービスの提供を開始していますが、サービスが始まったとしても、県内全地域で注文・配達が出来るわけではなく、対応市町村の中でも一部だけしか対応していない場合があります。

そのためアカウント登録する前には、お住まいの地域周辺がサービスに対応しているか事前に確認しておきましょう!

【関連記事】Uber Eats サービスエリア全国一覧>>

あなたのお住まいのエリアがUber Eatsのサービス範囲外であっても配達パートナーに登録すること自体は可能です!

\好きなときに好きなだけ稼ぐ/

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員に登録するための条件は?

Uber Eatsの配達を始めるにあたっての登録条件はただひとつ「18歳以上であること」です。これさえ満たしていれば資格・国籍関係なく誰でも登録することが出来ます!

ほかの配達業と違ってシフトを提出するがなく、いつでも好きなタイミングで働くことができるので、副業として働く人も多いです。

Uber Eatsは雇われて働くのではなく、飲食店からの業務を委託する形として配達しますので、年間で稼ぐ額によっては自分自身で所得税を申告・納税する手間が発生しますのでここのところは要注意です!

【関連記事】Uber Eatsで確定申告が必要な人・不要な人>>

 

Uberアカウントの登録に必要なもの

要件を満たしているのであれば、早速登録していくわけですが、まず登録するにあたって事前に用意しておくものは「通話ができるスマホ」「銀行口座」「公的機関発行の身分証」の3つでOK。

バイク・軽自動車で配達を考えている場合は「自賠責保険証」「ナンバープレート」「車検証または軽自動車届出済証」「任意保険または自動車共済鉦」が別途必要になります。

外国籍の場合は、在留カードとパスポートが必ず必要です(※一部地域では外国籍での新規登録受付が停止されているところもあります)

【関連記事】Uber Eats配達に登録できる条件は?必要な物も紹介>>

 

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録時に面接はある?

これまではアカウント作成後、パートナーセンター(事務所)にてアカウントを認証させるための簡単な面談がありましたが、2022年現在はすべてオンラインで登録できるため面接はありません。

※外国籍の人の場合は、在留カードとパスポートの現物確認のため、事務所に出向く必要があります。(場所についてはアカウント登録後にメールで案内されます)

 

 

【ネットだけ】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員に登録3ステップ

アカウント作成に必要なものが用意できれば、Uber Eatsのアカウント作成から登録までの流れを解説していきます。

登録から配達を始めるまでの大まかな流れは3ステップなのですぐに登録できます!

承認作業については、運営側で提出の書類等に不備がないかを確認するだけなので、実質は2ステップで完結。所要時間も10分ほどなので簡単です!

 

Uberアカウントを作成する

まずは配達アカウント作成ページからUberのアカウントから作成します。

メールアドレス:Gmailでの登録推奨

携帯メールアドレス(ドコモ・auなど)は自動的に迷惑メールBOXとして受信することがあるためです。

 

名前:必ずローマ字で入力する

※ローマ字は姓と名前を逆に入力

「ヤマダ タロウ」→「TAROU YAMADA」

「タナカ ヤスコ」→「YASUKO TANAKA」

このように記載しましょう。

 

電話番号:必ず音声通話に対応しているsimの番号を記載すること!

データ通信専用のsimカードでの番号登録は不可

 

パスワード:大文字や数字を含ませる必要はありません。

安全面を考えると大文字などを入れて複雑にさせておくべき

 

都市:配達をするエリアを記入

仮に間違えて別の都市に登録しても配達はできますが、クエストなど追加報酬がもらえない可能性があります。

 

 

配達に使う車両を登録する

Uber Eatsの配達で使用できる車両としては「自転車」「バイク」「軽自動車」の3種類に分けられます。それぞれ車両登録時に必要な書類が変わりますので間違えないように確認しておきましょう。

 

自転車として登録する際に必要なもの

【必要書類】

  1. 身分証明書

先程も言いましたが、身分証については車両問わず全員提出が必須です。免許証やパスポートなど、必ず「公的機関」が発行する顔写真入りの身分証明書を用意しましょう!

18歳以上の学生(高校生も含む)は公的身分証明があれば登録可能です!

 

原付(排気量125ccまでのバイクも含む)の登録に必要なもの

必要書類

  1. 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
  2. ナンバープレート

 

126cc以上のバイク・軽自動車の登録に必要なもの

【必要書類】

  1. 免許証
  2. 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)
  3. 車検証または軽自動車届出済証
  4. 任意保険または自動車共済証書(共済保険)
  5. 事業用ナンバープレート

登録の時点で自転車・バイクを所有をしていない場合はレンタサイクル等で配達することもできます。

2021年からは徒歩での配達にも対応しています!!

【関連記事】Uber Eatsの配達に使う車両を登録する方法

 

プロフィール写真を登録する

Uber Eats配達パートナーで登録する顔写真は履歴書で使うようなスーツ姿で撮影する必要はありません。

服装は自由どころか、髪型・髪色も自由です!

なお、登録する顔写真は注文者側にも表示されますので、あまりにも身だしなみが整っていないと印象が悪く見えて、低評価をつけられる危険がありますのでご注意を!

とにかく顔周りがはっきりと写っていて、変顔さえしなければ問題なく認証されます(笑)

 

配達アプリをダウンロードする

各アプリストアより「Uber Driver」をインストールします。

Uber Driver - ドライバー用

Uber Driver - ドライバー用

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

iOS・Android両方に対応しています。

 

報酬を振り込むための銀行口座を登録する

Uber Eats側は「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」での登録を強く推奨しています。

他の金融機関に関しては、振り込みの遅延など入金出来ないトラブルが頻発していますので、この機会に口座開設しておくことをおすすめします。

特にみずほ銀行については本人確認や送金に時間を要するため避けておきましょう。また、ゆうちょ銀行・ネット銀行は口座登録ができません。

【関連記事】Uber Eats配達における銀行口座の設定方法>>

 

交通ルールクイズに答える

提出書類の確認が終わると、5日以内に簡単な交通ルールのクイズに答えるメールが送られてきます。

このようなメールが登録のメールアドレス宛に届きますので、画面に従って答えていきましょう!

メールが届かない場合「迷惑メールフォルダ」に届いている可能性があります。

 

あとはアカウントの承認を待つだけ!

交通ルールのクイズに回答後48時間以内にアカウントが有効化されます。

これでウーバーイーツアカウントの作成手続きは完了です!

\面接なし‼︎ネットだけで完結/

 

 

ウーバーイーツ配達バッグを購入する方法

アカウントの作成が完了されたら、配達バッグを購入しましょう!

初期費用がかかりますが、公式ショップで購入できます。

Uber Eatsの場合、ロゴのない市販の保冷バッグでも配達することができます。

ドンキホーテや100円ショップでも販売されていますので、いち早く手に入れたいかたにおすすめです!

最近amazonの一部出品者で正規品のような謳い文句で高値で販売する業者がいます。上記のリンクはUber Eats公式の出品となっていますので購入時は必ずこちらよりご購入ください。

【関連記事】ウーバーイーツバッグのぼったくりにご注意!>>

 

 

アカウントが認証されれば早速配達しよう!

これで一連の登録作業は完了です!

アカウントの作成は数十分で完了します。登録後はいつでも配達を開始することが出来ますので気なる方はとりあえず登録しておくべきです!

さあ、配達を始めて月収100万目指してガンガン稼いじゃいましょ〜!!

詳しい配達の流れについては以下の記事で詳しく解説していますのでぜひ▼

【初心者】ウーバーイーツ配達の流れを1から完全解説!【自転車バイク共通】ウーバーイーツの仕事の流れについて現役の配達パートナーが紹介。細かな注意点やポイントも併せて解説しますのでこれさえ読めば不安なく配達できること間違いなしです!...

\好きなときに好きなだけ稼ぐ/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。